腹筋ローラーの正しいやり方

腹筋ローラーについてお話です。
そもそもなぜ、腹筋ローラーなのかというと私自身が今、取り組んでいるからです。
取り組んでみてわかったことは、腹筋ローラーはかなり難易度の高いトレーニング
であり、危険が伴うトレーニングだと感じました。

というのは、この腹筋ローラーをやる時にはかなり腰に負担がかかるからです。
ご存知の方もいるかと思いますが、体を前方に伸ばす時に力がないと腰を反ってしまいます。これを繰り返しているうちに腰を痛める可能性があります。

2つ目に、体を前に伸ばして戻る時に体をなんとか頑張って体をひねったりして戻すと、これも腰椎に負担がかかります。

特に2つめは重大な事故というか怪我につながり易いです。腰椎が横に伸び、支えのない状態でひねるので椎間板にも負担がかかりやすくなります。

なので腹筋ローラーを行う場合は、必ずドローインを入れてください。ようは、腹圧を高めた状態でトレーニングすることが大切です。腹部は、肋骨など支えるもが筋肉しかありません。特にインナーユニットといっていくつかの筋肉が同時に収縮することで腹圧が高まります。可能なら普通のドローインに横隔膜を意識した状態でやることが大切になります。

ということで、腹筋ローラーは素人はやるべきではない!と私は考えます。実は私は腹筋ローラーを今日で71日間続けています。最初は膝をついてから行い、膝をつかないでやるのに42日間かかりました。その後、膝をつかないでトレーニングし現在71日目で4回ほどできるようになりました。ですが、一歩間違えると腰痛になるトレーニングとわかるので緊張が伴います。なので絶対に無理をして行うトレーニングではありませんのでお気をつけください。

【武蔵浦和で鍼灸・整体をお探しなら 腰痛専門ベット用意 首の痛み痺れ寝違え治療を行う当院へ】
さいたま市南区別所3−4−1結晶ビル204
Blossomはりきゅう治療院・スポーツ整体
048-829-7704
LINE:@230xazmy

友だち追加


施術内容と料金についてはこちら


腹筋ローラーの正しいやり方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です