【テニス肘】でお困りの方へ 当院の治療方針について書きましたので、お読み下さい

テニス肘とは肘の外側に筋収縮の繰り返しのストレスがかかり、肘の筋肉の付け根に炎症が起こる症状です。

肘の外側から前腕にかけて痛みが出現し、炎症の度合いにより痛みの強さが変化します。

いわゆる肘の使いすぎによる症状です。病院では「上腕骨外側上顆炎」と診断され、テニス愛好家の方に生じることが多いので「テニス肘」と呼ばれています。

バックハンドに慣れていない、テニス初心者の方に多く見られますが、使いすぎることにより上中級者の方にも起こりうる症状です。

日常生活の場面でもテニス肘になりうる動作もあります。例えば、パソコンでのマウス操作や、手に力の入りやすい炊事、洗濯などの家事でも起こりやすい症状ですので注意が必要です。テニスをしていないのにテニス肘と診断された方に多いようです。

一般的には、投薬、湿布、安静という処方をされている方が多いのですが、このほかにもサポーターやテーピングを処方されることもあります。

続いて当院での対策や原因等について解説していきます。